行徳総合病院 トップページ 採用情報 薬剤師・薬剤助手

薬剤師・薬剤助手

特長

行徳総合病院の基本方針である、「“安全”で“安心”できる質の高い医療・介護のサービスを提供します。」やIMSグループ薬剤部の基本理念「適正かつ安全な薬物療法に参画する。」にもあるように、患者様へ安全・安心な医療を提供するために「薬のことは薬剤師が責任を持って行う」ことを目指して日々研鑽しています。
病院薬剤師として医薬品の適正使用に貢献するために病棟薬剤業務を通じて薬剤管理指導、医薬品の無菌調製、医薬品情報提供、副作用の防止と早期発見などに取り組んでいます。
新築移転により拡大した診療機能に対応するためスタッフの充実、知識・技術の向上に取り組むと同時に、明るく働きやすい職場作りにも努めています。

  • 薬剤師数 20名(アシスタント 4名)
  • 採用医薬品数 約1,300品目
  • 外来処方箋 約6,000枚/月
  • 院外処方箋発行率 95%
  • 入院処方箋 約60枚/日
  • 注射処方箋 約90枚/日
  • 薬剤管理指導 約1,000件/月
薬剤師・薬局助手

1日の業務スケジュール(例)

勤務時間 8:30~17:30 交代で昼休憩1時間
月間9日間の公休制、日曜祝日勤務有、夜間当直勤務あり

8:00出勤、清掃など
8:30薬剤部全体朝礼
9:00病棟薬剤業務(薬剤管理指導、持参薬確認、医師回診同行、在庫確認、退院時指導、DI情報提供など)
12:00昼休憩
12:30医薬品説明会参加
13:00院内委員会参加
14:00調剤業務、在庫発注業務など
17:30チーム内申し送り、情報共有
19:00地域薬剤師会など主催の勉強会・セミナーへ参加

勉強会や委員会、セミナーなどは不定期開催です。

病棟毎のチーム制をとっていますのでチーム内で業務をローテーションし情報共有を図りながら業務に取り組んでいます。

取り組み

内服・注射調剤、無菌調製
安全に与薬・投薬できるように薬剤師が責任を持って調剤、調製を行っています。
医薬品管理
医療用麻薬、毒薬、向精神薬、血液製剤や救急カート医薬品などの適正使用、期限・在庫管理などを行っています。
医薬品情報管理
採用医薬品の情報、新薬の情報、安全性情報、ジェネリック医薬品の同等性、安定性などの情報収集を行っています。また、定期的にDIニュースを発行しています。
病棟での業務
薬剤管理指導・病棟薬剤師業務を通して適正な薬物療法の提供に寄与しています。
病棟毎に4~6名の薬剤師によるチーム制を導入し情報共有をとりながら業務にあたっています。
チーム内で業務をローテーションすることによりすべての薬剤師が、病棟業務、調剤、無菌調製、在庫管理、DI業務などを行いスキルアップに努めています。
チーム医療
感染対策委員会、医療安全委員会、NST委員会、褥瘡対策委員会、化学療法委員会、クリニカルパス委員会、糖尿病教室、そらまめ教室(腎臓病に関する講座)などで薬剤師が専門性を発揮して積極的に活躍をしています。
実務実習
薬科大学からの実習生を受け入れることにより薬学生教育にも貢献しています。

研修教育体制

新入職員研修
1年間は教育期間と位置付けています。基本的な調剤業務から在庫管理や病棟での業務なども先輩薬剤師の指導の基、OJT(On the Job Training)による教育を行っています。また、チーム毎の教育体制の為、先輩薬剤師からの支援も充実しています。
また、新卒薬剤師に限らず中途採用者、病院未経験者でも同様に教育を行っています。
学会発表

行徳総合病院の学会発表

院内勉強会
[医薬品講習会]新薬や新規採用薬、取扱に注意の必要な医薬品、特に抗悪性腫瘍剤などを中心に講習会を実施しています。
[症例報告]薬剤部内での情報共有と知識向上を目的として毎月担当者を決めて症例報告を実施しています。
[院内全体講習会]医療安全対策、感染防止対策、化学療法委員会、NSTなど全職員を対象とした講習会も定期的に開催されています。
IMSグループ薬剤部
IMSグループ薬剤部では様々な勉強会、講習会、研修を行っています。
新入職員に対する研修や役職者研修、専門・認定薬剤師育成のための研修会などを開催しています。
その他薬剤部としてさまざまな取り組みを行っていますのでこちらもご覧ください。

IMS薬剤部ホームページ

病院薬剤師会での活動
千葉県病院薬剤師会の研修会に参加し講義を聴くだけではなく研修会での演者や座長を務める機会もあります。
積極的に参加することにより多くの知識を吸収し、地域の他病院の薬剤師との情報交換・交流も積極的に行っています。

資格取得者数

  • 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 6名
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4名
  • 日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 2名
  • 日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
  • JSPEN 栄養サポートチーム専門療法士 1名
  • JADA公認 スポーツファーマシスト 2名

2016年1月現在、重複取得有

薬剤師・薬局助手

よくあるご質問

Q. 当直・夜間業務はありますか?
24時間365日、医薬品の適正使用に貢献するため当直も行っています。また、日曜祝日も交代で勤務しています。
Q. 産休・育休は取得することはできますか?
取得可能です。病院での経験・スキルを継続してもらうために支援制度もあります。
Q. 専門・認定薬剤師を目指すには何が必要ですか?
まずは基本的な能力を身に付けるためにジェネラリストを目指していただきます。5年程度を目安に日本病院薬剤師会の生涯研修認定や日病薬病院薬学認定薬剤師制度、日本薬剤師研修センターの認定薬剤師の取得を目指してください。
 その後、興味のある専門・認定分野の取得を目指していただきます。
 前述のとおり、IMSグループ薬剤部としての研修支援制度もあります。
Q. 病院見学はできますか?
新卒・既卒に限らず随時受け付けています。電話またはメールでお申し込みください。
 行徳総合病院 薬剤部 栁田 義一
 [電話番号]047-300-2117
 [メールアドレス]kusuri@gyo-toku.jp

募集要項

職種 薬剤師・薬剤アシスタント
雇用形態
  • 薬剤師
    常勤・非常勤
  • 薬剤アシスタント
    非常勤
勤務時間
  • 薬剤師
    [日勤]8:30~17:30
    [夜勤]17:30~翌9:00 ※常勤のみ
  • 薬剤アシスタント
    [日勤]8:30~17:30 ※勤務時間、勤務日数応相談
給与など
  • 薬剤師
    [常勤]大卒(6年生卒)月給237,500円~・大卒(4年生卒)月給232,000円~
    [非常勤]大卒(6年生卒)時給1,230円~・大卒(4年生卒)時給1,200円~
    ※上記は、1年目の給与として算出しており、経験により考慮します。
  • 薬剤アシスタント
    時給850円
休日・休暇 [常勤・嘱託]1か月9日 年間108日
有給休暇 入職日3日間 6か月後7日間 初年度合計10日間
待遇・福利厚生 [昇給]年1回 ※常勤のみ
[賞与]年2回(7月・12月) ※常勤のみ
[各種保険]健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
※週所定労働時間により加入
[交通費]全額支給(6か月分定期換算)
医療費減免制度
制服貸与
応募書類 履歴書(写真貼付)、各種免許証のコピー
応募方法 下記のお問い合わせフォームにてご応募いただくか、下記のお問い合わせ先に電話または、メールでご連絡ください。
[お問い合わせ先]
総務課 採用担当
[電話番号]047-300-2117(直通)
[メールアドレス] gyoutoku.jinji@gyo-toku.jp

お問い合わせ

新卒の方

IMS(イムス)グループ本部事務局にて選考いたします。
下記より現在の募集状況をご確認いただきご応募をお願いいたします。

採用情報(IMSグループ ホームページへ移動します)

既卒の方

下記より当院の採用担当までお尋ねください。

[電話番号]047-300-2117

ネットからのお問い合わせ

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ