行徳総合病院 トップページ 外来受診 夜間・休日に受診される方(救急センター・救急総合診療科)

夜間・休日に受診される方(救急センター・救急総合診療科)

来院される前に必ずお問い合わせください。

※状況により対応できない場合がございます。

[電話番号]24時間対応 047-395-1151

救急受診の流れ 必要なもの、受付、会計

迅速な集中治療と
総合病院の利点を生かした診療体制

当院では、緊急に治療を要する患者さまのために24時間体制で救急室を備えております。
また、2次救急輪番病院に参加しております。

救急センター長 田中岳史 院長

救急センター(ER・救急総合診療科)での初期診療は、田中院長とER専従医の中嶋医師が担当しています。
田中院長は腹部外科に精通しているため、腹部の病気やけがの診療を得意としています。

また、中嶋医師は神経救急とプライマリ・ケアを専門としているため、脳の病気や頭のけがをはじめ、幅広い領域の病気やけがの診療を得意としています。

平日昼間における救急隊からの搬送依頼の連絡は、すべて救急センターが対応することで、「救急隊からの搬送依頼は断らない」を当センターの大きな目標としています。

救急センターが重視していること

救急センター(ER)では、迅速に血圧、心拍数、呼吸数、体温、意識状態などバイタルサインを確認しながら、全身の身体診察を行います。その上で、可能性のある疾患やけがについて、それらの有無を確認するために、血液検査、心電図検査、血液ガス分析、超音波検査、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などを実施して、総合的に診断します。
診断後は、初期治療を開始しながら、必要に応じて各専門診療科への引継ぎを円滑に行うことで、治療の充実を目指しています。

救急科が対象とする病気やけが

  • 外傷全般
  • 内科的疾患全般
  • 外科的疾患全般
  • その他救急医療全般

救急受診までの手順

1. お電話で当院にご連絡ください。

来院される前に必ずお問い合わせください。

[電話番号]24時間対応 047-395-1151

次のことをお尋ねしますのでお伝えください。 

迅速な受け入れのため、当院に受診されたことがある方は診察券の登録番号もお伝えください。

  • どんな症状ですか?(わかる範囲でお答えください)
  • 患者さまの年齢と性別は?
  • 患者さまのお名前は?
  • 以前に当院で受診されたことはありますか?
  • ご来院されるまでにどのくらいの時間がかかりますか?

2. お持ちいただくもの

救急受診の際には、できるだけ以下の物をお持ちください。

3. 救急受付

救急センター入口 からお入りいただき、救急待合内、救急受付へお声かけください。
お車は正面玄関側の駐車場にお停めください。

救急センターの場所

救急センター入口

救急受付・待合

4. 救急外来受診される患者さまへ

当院では重症患者さまに適切な医療を早急に提供するためにトリアージを実施しております。そのため、状況により優先的に診療させていただく場合がございます。
また、受診される診療科によって順番が前後しますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

トリアージとは?

患者さまが来院後、速やかに患者さまの状態を評価し、患者さまの緊急度区分に応じて診療の優先順位づけを行うシステムです。

夜間・休日など時間外の救急診療体制

医師 1名(各科)
看護師 2~3名
放射線技師 1名(レントゲン・CT・MRIの撮影ができます)
検査技師 1名(血液検査などを行います)
事務 3名(管理者1名を含む)

医師紹介

ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。

健康保険証等を持参されなかった患者様へ

後日、当院総合窓口に健康保険証をご提示ください。

お電話による急病のご相談(市川市・千葉県)

あんしんホットダイヤル(市川市)

市川市では、通話料無料のフリーダイヤルにより、24時間年中無休で利用できる「あんしんホットダイヤル(市川市急病医療情報案内)」を行っています。
あんしんホットダイヤルでは、市民の方の相談に、医師、保健師、看護師などが対応していますので、急な病気などでお困りの際に、ご利用ください。

[電話番号]0120-241-596

こども急病電話相談(千葉県)

受診した方が良いのか、様子をみても大丈夫なのか、看護師や小児科医が電話でアドバイスします

[電話番号]#8000   19:00 ~ 22:00

ダイヤル回線、IP電話、銚子市からおかけの場合
043-242-9939

このページの先頭へ