行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 外科 消化器外科(肝胆膵外科含む)

消化器外科(肝胆膵外科含む)

当科では虫垂炎などの良性疾患から、胃がんや大腸がんを代表とした悪性疾患の診断・治療、重症患者さまの栄養管理や全身管理、術前・術後の抗がん剤治療を担当しています。
また、終末期患者さまに対する緩和治療を、他部門のメディカルスタッフと協力しながら幅広く対応しております。

治療方針

各学会などで提唱されているガイドラインも考慮しつつ、患者様さまの安心・安全を最優先としています。患者さまに詳しい病状説明を行った上で、ご納得いただけるような治療を提供したいと考えております。

当院の腹腔鏡手術は安全性を重視しています

 

現在は低侵襲な腹腔鏡手術により、消化器外科の手術治療の多くは腹腔鏡下手術による治療が保険収載されるようになりました。開腹手術に比べて腹腔鏡下手術は傷が小さく、痛みが少なく、術後の回復が早いとされています。当科においても、ほとんどの消化器手術は腹腔鏡下に行われるようになっています。
ただし、癒着・炎症が強い、腫瘍のサイズが大きいなどの理由で開腹手術を選択することもあります。

当院では腹腔鏡下にすべての手術を行うことを目標とするのではなく、個々の患者さまが求める最良の結果に近づけるために、腹腔鏡を利用することをご理解いただいた上で治療にあたるようにしております。
腹腔内の癒着、炎症、止血できない出血などをきたした場合などは、患者さまの安全性を考慮し、従来の開腹手術に速やかに変更いたします。

地域医療機関や救急との連携を大切にしています

 

ご紹介患者さまにおいては、地域の開業医の方や医療機関と連携し、患者さまの診察・検査・入院をスムーズに行います。治療後には、患者さまをお戻しすることも念頭においています。
また、救急外来受診の患者さまについても、救急センターや当直医師との情報共有によりスムーズな引き継ぎ・対応を心がけております。

消化器外科・肝胆膵外科が対象とする病気やけが

良性の病気

  • 胆のう結石症
  • 胆のうポリープ
  • 胆のう腺筋症
  • 急性虫垂炎(盲腸)
  • そけいヘルニア(脱腸)
  • 大腿ヘルニア
  • ゆ着性、絞扼性こうやくの腸閉塞(腸捻転)
  • 腹痛、出血や狭窄を伴う大腸憩室炎けいしつえん
  • すい臓のう胞性病変

悪性の病気

  • 大腸がん(結腸がん・直腸がん)
  • 胃がん、胃間葉系かんようけい腫瘍(GIST)
  • すい臓がん
  • 胆管がん
  • 胆のうがん
  • 肝臓がん(転移性を含む)

消化器外科/肝胆膵外科の治療

腹腔鏡下手術ふくくうきょうかしゅじゅつ

おなかに小さな孔を数か所あけて、腹腔鏡という内視鏡を用いて行う手術です。
病変部を取り出すために、数センチの非常に小さな傷が残ります。術後の痛みが少ない、癒着が少ない、出血が少ない、入院日数が短いなどのメリットがあります。

開腹手術

「癒着・炎症が強い」「腫瘍のサイズが大きい」などの理由で、腹腔鏡下手術が安全に行えない場合、開腹手術を行います。

疾患別 手術についてのご紹介

診療実績

手術症例数(全身麻酔以上)

胃がん、十二指腸潰瘍 など

手術時間 305分
術後在院日数 18日

(n=7)

結腸・直腸がんなど

手術時間 183分
術後在院日数 18日

(n=40)

胆石・胆嚢炎など

手術時間 72分
術後在院日数 6日

(n=70)

急性虫垂炎

手術時間 41分
術後在院日数 6日

(n=68)

ヘルニア・ヘモなど

手術時間 81分
術後在院日数 4日

(n=73)

外来担当医表

ただいまデータ読み込み中です。

休診・代診情報

ただいまデータ読み込み中です。

医師紹介

ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ