行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 脊椎疾患センター

脊椎疾患センター

脊椎疾患センターの特長

(左)山本医師、(右)朝田医師

当院では脊椎疾患の治療にあたる専門のセンターを設置しています。
日本脊椎脊髄病学会認定医が、
患者さま一人一人に合ったオーダーメイドの治療を行っています。

手術治療は、顕微鏡下除圧術、経皮的後弯矯正術、経皮的内視鏡手術など身体に優しい低侵襲の治療も行っており、一方で、脊柱再建術や側弯矯正手術などの難易度の高い手術も行えることが強みです。

主な対象疾患と症状

頚椎症性脊髄症

頚椎は加齢とともに変化し、背骨の中心に脊髄が通る「脊柱管」が狭くなることで脊髄が圧迫されます。そのための痛みやしびれや麻痺が出てくるものを、頚椎症性脊髄症といいます。

代表的な症状
  • 手足のしびれ
  • 手足が動かしにくい

頸部脊柱管狭窄症

首の骨(頸椎)にかけての脊柱管が狭くなることで、脊髄が圧迫されて、首周りの緊張や痛みが出てくるものを頸部脊柱管狭窄症といいます。

代表的な症状
  • 型・首まわりの極度のこり
  • 腕や手のしびれ・痛み
  • 握力の低下
  • 脚に力が入らない
  • 排尿・排便の障害

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管に通っている馬尾と呼ばれる神経の束が、腰部の脊柱管が狭まることで圧迫されて、腰痛や痺れが起こります。先天性脊柱管狭窄症の場合と、後天性脊柱管狭窄症は、変形性脊椎症や、変性すべり症など、加齢による変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。

代表的な症状
  • 足のしびれ・痛み
  • 腰痛

特に「歩行時に足がしびれて歩けなくなるが、前かがみになると歩ける」といった症状が見られます。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎の骨と骨の間には椎間板という軟骨があります。この椎間板には、髄核というゼラチン状の組織が入っていて、首を前後左右に動かしたり、首にかかる衝撃を和らげてくれる役割を果たしてくれています。この椎間板が過度な圧迫や外的損傷を受けると、頚椎にストレスがかかり、椎間板の中にある髄核が外にはみ出します。その外にはみ出した髄核が神経根に触れ、「頚椎ヘルニア」が引き起こされます。

代表的な症状
  • 腰痛
  • 首の痛み
  • 手の痺れ
  • 肩の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板には、髄核というゼラチン状の組織が入っていて、腰や足を使った動作をする際に衝撃を和らげてくれる役割を果たしてくれています。この椎間板が過度な圧迫や外的損傷を受けると、腰椎にストレスがかかり、椎間板の中にある髄核が外にはみ出します。その外にはみ出した髄核が神経根に触れる痛みや痺れを引き起こします。背骨が横に曲がったり、重いものを持つと強い痛みを感じることがあります。

代表的な症状
  • 腰の痛み
  • 脚の痺れ・痛み

変形性脊椎症

椎間板の変性が進み、衝撃をやわらげる働きを失い、その力が加わることで骨が出っ張ってきます。その出っ張りを「骨棘」といい、棘のように突き出しているため、脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることをいいます。

脊髄腫瘍(脊椎腫瘍)

脊髄腫瘍(脊椎腫瘍)は、脊髄そのものから発生する髄内腫瘍、脊柱管のなかで髄膜の外に発生する硬膜外腫瘍、硬膜の内側に発生する硬膜内髄外腫瘍の3つに分類されています。
硬膜外腫瘍は、肺がん、乳がんなどからの転移で悪性のものが多いですが、髄内腫瘍、硬膜内髄外腫瘍は良性の場合が多く、手術により摘出することを基本としています。

治療・手術など

投薬治療

腰部脊柱管狭窄症の治療については、まずは薬物による保存療法を行います。
血流を改善するプロスタグランジンE1(PGE1)製剤を服用すると、約2割の患者さまが症状がなくなり、6割くらいは改善傾向がみられ、日常の生活が送れるようになります。

薬物療法の効果が不十分な場合、仙骨ブロックを行います。それでも改善しない場合は、入院して脊髄造影検査を行ったり、髄液を採取してほかの神経内科的な要因(ギランバレー症候群や多発性硬化症が代表的です)が隠れていないかを調べた上で、最終的には手術を行います。

手術治療

顕微鏡下除圧術

脊髄や馬尾などに対する除圧術では、拡大鏡を用いた身体への負担が少ない手術を行っています。頭にルーペ(拡大鏡)を付け、明るく拡大された視野を三次元的に得ることで、神経根の除圧操作や、神経周囲の静脈からの出血操作など、より安全に手術を行うことができます。

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折/偽関節合の遅発性脊髄麻痺の場合

高齢者で骨粗鬆症を原因とする背骨の骨折による痛みが改善しない患者さまや、下肢の麻痺が遅発性に進行して歩行困難となる患者さまに対して、背骨の骨折部をできる限り復元して人工骨を注入し、脊椎インプラントで補強する手術を行っています。

インプラントはチタンでできており、チタンはMRIなど頭や腰の検査をしても問題がありません。チタンはステンレスよりも軽く、耐久性に優れ、骨との相性もいいので違和感がありません。
インプラントの挿入はレントゲンと、実際の恰好をみて入れていきますが、どこの病院でも簡単にできるものではありません。当院ではこういった治療もできるようになりました。

人工関節手術のようす

(左)朝田医師、(右)山本医師

その他 手術についての特長

術中回収式自己血輸血

手術中の術中回収といって、昔は手術中に出た血液は捨てるしかなかったのですが、今はタンクで集めて体の中に戻すという特別な装置があります。これは自分で献血をしているようなもので、ほかの人の血を入れると起こるB型肝炎やC型肝炎、黄疸が出るといった副作用や合併症を少なくするために導入しています。

インストゥルメンテーション手術(脊柱再建術/側弯矯正手術)

脊柱再建術や、側弯矯正手術の際に、インストゥルメンテーション設置の精度を高めるためにナビゲーションシステムを使用してより安全に手術をできる環境が整っております。
また、感染リスクを最小限にするため、バイオクリーンルームも設置しています。

症例実績

脊椎固定術(インプラント使用)20件

脊椎疾患センターの医師による公開講座

ここまで治せる脊椎疾患 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年5月30日

会場は満員となり、脊椎管狭窄症、骨粗鬆症の投薬治療や手術に関する講演でした。質疑応答のコーナーでは、参加された方のご家族の手術に関して、朝田医師が見解を述べるなど、地域の方々と医師が交流の持てる講演会となりました。

ここまで治せる脊椎疾患 ここまで良くなる関節疾患 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年8月23日

脊椎骨粗鬆症と神経麻痺 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年1月23日

医師紹介

ただいまデータ読み込み中です。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ