行徳総合病院 トップページ 病院案内 病院指標

平成29年度 行徳総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 31件 51件 232件 270件 442件 641件 869件 1061件 913件 305件
平成29年度の一般病棟退院総数は4,815人でした。
平均年齢64.7歳、中央値68.0歳となっております。
平成29年12月より回復期リハビリテーション病棟の開設に伴い、一般病床退院患者様は昨年比403人減少しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 119件 33日 21日 10% 85歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 62件 21日 13日 5% 79歳
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 30件 7日 8日 0% 52歳
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 26件 5日 6日 0% 68歳
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 24件 7日 8日 0% 66歳
内科では肺炎、腎臓内科では人工透析患者様を数多く受け入れしております。
肺炎については、誤嚥性肺炎を含む市中肺炎を中心に施設と連携を図り急変時にも対応できる体制を整えております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 69件 5日 5日 0% 65歳
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 63件 4日 4日 0% 69歳
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 38件 3日 4日 0% 68歳
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 32件 22日 18日 0% 77歳
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 26件 15日 13日 0% 60歳
循環器内科では狭心症や心不全に対するカテーテル検査やステントを挿入する手術などメスを使わない治療を行い患者様の負担を少なくし、QOLを意識した治療を行っています。
夜間・休日の体制も更に整い、急な対応も可能となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 107件 4日 8日 0% 44歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 91件 7日 6日 0% 34歳
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 61件 10日 8日 0% 62歳
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 38件 9日 8日 0% 51歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 35件 7日 9日 0% 61歳
最も患者数が多い項目で目立つケースが腸炎で救急外来を受診し、抗生剤投与による症状の改善や点滴による脱水状態の改善を目的とした入院です。
次いで多い虫垂炎ですが、腹腔鏡下での手術を主で行っているため傷も小さく、QOLを意識した医療の提供を行えております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 74件 39日 28日 38% 81歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 29件 8日 6日 0% 55歳
070350xx99xxxx 椎間板変性,ヘルニア 手術なし 25件 12日 9日 0% 49歳
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 22件 30日 20日 5% 72歳
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 20件 51日 22日 10% 65歳
高齢者に多い大腿骨の頚部骨折や前腕の骨折、骨粗鬆症に対して手術・リハビリ等の治療を行っています。
急性期治療を終えた患者様は当院11Fの地域包括ケア病棟、10Fの回復期リハビリテーション病棟への転棟や、施設等で安心して生活が送れるよう当院相談員が転院相談を各施設や病院へ行い、その患者様の希望に添えるような退院支援も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 26件 20日 17日 15% 67歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 23件 8日 8日 4% 65歳
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 22件 14日 10日 18% 74歳
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 20件 29日 20日 55% 66歳
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 13件 9日 7日 0% 67歳
脳卒中センターでの急性期の脳梗塞や頭部外傷、頭蓋内の出血等に対する治療やリハビリ職員による各機能別の手厚いリハビリを行っております。
また当院の相談員が各施設や病院と綿密に相談を行ったうえで患者様本人や家族と退院後の方向性を決めている結果、在院日数が少々長めになっていますが、患者様とその家族に寄り添うような治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 定義副傷病なし 118件 5日 6日 0% 56歳
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 65件 11日 8日 2% 73歳
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 43件 2日 6日 0% 47歳
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病なし 38件 14日 15日 0% 67歳
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 26件 11日 8日 0% 75歳
入院患者様全てに徹底したインフォームド・コンセントを心掛けており、必要に応じて説明文書を作成し時間をかけて口頭で説明し、患者様に十分理解してもらうように努めています。
また手術においては痛みや出血の少ないレーザー治療を行い患者様の負担を少しでも軽くしているほか、入院期間も短く退院できるよう努めております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 50件 18日 8日 0% 79歳
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 14件 22日 15日 0% 57歳
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11件 7日 6日 0% 67歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 10件 47日 21日 0% 78歳
010155xxxxx10x 運動ニューロン疾患等 処置2_1あり 定義副傷病なし - - 19日 - -
水頭症やパーキンソン病といった疾患に対して定期的な検査入院を行うことで患者様の状態を把握し、その後の外来診療においてより良い医療の提供を行えるような体制をとっております。
また神経疾患によって起こりやすくなる誤嚥性肺炎にも対応できる他、脳神経外科と連携し脳卒中治療も柔軟に行えるよう努めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 10件 2日 5日 0% 64歳
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔,咽頭損傷を含む) 鼻骨骨折整復固定術等 処置1なし 処置2なし - - 6日 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 定義副傷病なし - - 6日 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12日 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - 9日 - -
当院の外来からの計画的入院や外傷による緊急入院、施設で起きてしまった褥瘡などその時々に併せた処置・手術を行い、手術においては局所麻酔での症例が多く、患者様の体に負担を掛けない治療方針をとっております。
また、退院後の治療も当院にて行えるような体制をとっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 6日 - -
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし - - 7日 - -
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 8日 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 定義副傷病なし - - 4日 - -
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 処置2なし - - 4日 - -
夜間に発生しやすいお子様の喘息やそれに付随して起こる肺炎に対して治療を行っているほか、腸炎や熱中症、熱発時のけいれんなどにも広く対応しています。
入院中の親御様への付添ベッドも用意されているため小さなお子様でも安心して入院することが出来ます。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 開腹によるもの等 - - 11日 - -
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし - - 6日 - -
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし - - 10日 - -
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし - - 5日 - -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし - - 5日 - -
主に良性・悪性両方の腫瘍に対する治療を行っており、基本的な婦人科手術のほか卵巣嚢腫の治療では腹腔鏡下での手術も行っています。
また手術以外でもホルモン療法や化学療法なども行っています。
退院後の外来診療も継続して行っており、夜間でも通院歴のある方はご相談いただければ対応可能な場合もあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9日 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12日 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 処置2なし - - 5日 - -
161000x197x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) その他の手術あり 処置2なし - - 22日 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 11日 - -
日本皮膚科学会認定の専門医による専門的な診察を行い検査や投薬、注射などその疾患に併せた治療方針をとっております。
基本的に日中の外来からの入院が主であり、退院後は当院外来での経過観察が多くあり、医師への相談がしやすい状態となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 12 - 25 11 1 7
大腸癌 -,- 10,- 39,- 26,- 32,- 83,- 1,1 7,6
乳癌 - 36 16 0 - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
症例数では大腸癌が203件で昨年度の166件から増加しており、全体の約60%を占めています。続いて胃癌、乳癌となっており、当院では外科と内科で連携し、ステージの低い早期癌から再発症例の終末期の癌まで治療を行っております。
大腸癌の手術では腹腔鏡下の手術が多く、乳癌では乳房の温存手術を行っており、患者様の心身の負担を少なく治療を行うことが可能です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17件 8日 49歳
中等症 17件 22日 70歳
重症 42件 25日 77歳
超重症 26件 35日 80歳
不明 - - -
軽症の患者様でも家庭での生活が困難であったり点滴での加療が必要であるため、入院していただき治療しています。
中等から重症な患者様は高齢者の方が多く、入院期間も長くなっています。
脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 148件 38日 75歳 31%
その他 26件 51日 75歳 8%
日本脳神経血管内治療学会認定専門医・指導医が常勤医として所属し、脳卒中センターとして機能している病棟があるため超急性期の脳梗塞に対するt-PA治療やエダラボン投与が行えるほか、脳血管造影や脳血管内手術といった領域でも患者様に質の高い医療を提供することが可能です。
リハビリ病院や施設との連携も強く、急性期治療を終えてからも患者様に安心して退院していただけるような体制をとっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 256件 0日 1日 0% 61歳
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21件 21日 26日 24% 83歳
K654 内視鏡的消化管止血術 17件 1日 12日 0% 58歳
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 14件 1日 11日 7% 57歳
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 10件 4日 12日 0% 72歳
大腸ポリープに対する切除術が最も多く、次いで食事の摂取が難しい方への胃瘻の造設術、出血性胃潰瘍や腸内の出血に対する内視鏡を用いた止血術、胆のう炎等を起こした方への内視鏡手術となっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 68件 4日 4日 2% 68歳
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 31件 2日 9日 3% 74歳
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 16件 0日 15日 6% 62歳
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 12件 1日 23日 0% 56歳
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
循環器内科の手術はメスを使わない手術により患者様への負担を少なくしながら主に狭心症や心不全といった心疾患に対して適切な治療を行います。
また、29年度から不整脈治療としてアブレーション手術も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 92件 0日 5日 0% 34歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 89件 3日 7日 0% 62歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 47件 1日 3日 0% 63歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 22件 1日 9日 0% 66歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 19件 1日 3日 0% 62歳
外科の手術では腹腔鏡を用いた手術を行っており、患者様の負担が少なく治療することが可能です。
比較的若い年齢層の患者様が多い虫垂炎、胆のう炎が割合の多くを占めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 47件 6日 34日 27% 81歳
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27件 5日 33日 52% 82歳
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 20件 4日 47日 5% 64歳
K0821 人工関節置換術(膝) 16件 4日 50日 19% 74歳
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 12件 1日 3日 0% 49歳
最も多い手術として高齢者の患者様に多い大腿骨骨折の手術が挙げられます。
入院が長期化することが予想されるため、後方支援病院と連携を図り、術後のリハビリを行っていただいております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18件 2日 18日 6% 81歳
K1781 脳血管内手術(1箇所) 12件 2日 23日 25% 62歳
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
多くは高齢者の方であり長期的な入院となるため、自宅退院やリハビリ病院への転院、施設への入所のように患者様に合わせた退院先への退院を目指し治療を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 137件 3日 4日 0% 58歳
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 65件 3日 7日 2% 73歳
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 44件 1日 9日 0% 62歳
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 30件 2日 9日 0% 75歳
K764 経皮的尿路結石除去術 28件 4日 8日 0% 59歳
最も多い手術は尿管結石に対する手術で、内視鏡を用いて可能な限り体に負担の少ない低侵襲な治療を行うようにしています。
その他に前立腺肥大症や膀胱の悪性腫瘍に対しても同様の手術方法を選択しています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K714 腸管癒着症手術 - - - - -
神経疾患によって食事を経口摂取出来なくなってしまった方に対して胃瘻を造り、全身の状態を整えてから自宅や施設、他院へご退院いただけるような治療を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0911 陥入爪手術(簡単) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
腫瘍の摘出術に関しては安全性の面や患者様の体への負担を考慮し、数日入院していただき手術を行っていただいております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 17件 1日 1日 0% 40歳
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 10件 1日 1日 0% 47歳
K877 子宮全摘術 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) - - - - -
膣部の切除や子宮の摘出を行うほか、子宮附属器という卵管や卵巣の良性腫瘍に対する手術を主に行っています。
また子宮外妊娠や流産してしまった方への対応も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 17 0.35%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
手術における合併症の発生率を示しています。
同一は入院時から発症していた患者様、異なるは別の病気で入院後に感染や術後合併症等により発症した数値となっています。
重篤な患者様を受け入れた結果ではありますが、入院後の発症率低下へ今後も取り組んでまいります。
更新履歴
このページの先頭へ