行徳総合病院 トップページ 病院案内 沿革

沿革

昭和55年11月1日 新行徳病院として開設
昭和56年3月10日 救急病院の指定(医 第532号)
昭和57年1月4日 脳外科増設
昭和62年5月29日 病床数 206床
昭和63年10月25日 日本整形外科学会研修施設の認定を受ける
平成元年4月1日 消化器科増設
平成4年10月1日 内部変更により定床194床となる
平成8年4月1日 市川市在宅介護支援センター開設
平成9年6月1日 老人デイ・ケア開設
平成9年9月1日 眼科開設
平成9年11月1日 8床増床 病床数 202床
平成10年5月1日 透析導入
平成10年7月1日 一部変更により病床数 199床
平成11年5月1日 麻酔科増設
平成12年1月15日 婦人科開設
平成12年6月1日 行徳総合病院へ名称変更
平成13年9月13日 MRI導入
平成14年4月1日 耳鼻咽喉科開設
平成15年1月 増築棟完成(透析 16台)
平成18年4月 一般病棟入院基本料 13:1取得 151床
障害者施設入院基本料 13:1取得 48床
平成18年6月 一般病棟入院基本料 10:1取得 151床
平成19年4月 小児科・麻酔科開設
平成19年6月 障害者施設等入院基本料 10:1 48床
平成20年4月 DPC請求開始
平成21年3月 マンモグラフィー導入
平成22年12月 CT(マルチスライス型16列)導入
平成24年12月 一般病棟入院基本料 7:1取得 151床
平成27年3月 病院新築移転・増床
病床数 307床

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ