行徳総合病院 トップページ 病院案内 院長あいさつ

院長あいさつ

当院は昭和55年創立以来、地域に根ざした医療活動をしてまいりましたが、このたび307床に増床の上新築し、ICU(集中治療室)などを併せ持つ高機能病院として生まれ変わりました。

「患者さまを第一に考え、すべての人々に信頼され、満足される病院を目指します」

私たちはこの病院理念のもと、地域社会に根ざした、皆さまに愛される病院作りをしてまいります。これからの“医”を想うとき、“医”とは、常に人々に寄り添い、命を守るという使命感であると我々は考えています。健康相談や公開講座、あるいは地域行事への参加などの健康維持、啓発活動を通して、未病の段階から地域の方々と深い絆で繋がれることを大切にしています。そして万一の病気や怪我の時には正確な診断と安心・安全な治療で信頼される最先端医療を提供し、質の高いリハビリなどを介し一日も早く社会復帰して頂けるよう全力を尽くします。

病院機能の中枢である診療部門では、各診療科の充実のみならず、疾患別のセンター化を推し進めています。熟練した医師による専門的で先進的な治療を提供し、患者さまや近隣医療機関の皆さまにとっても分かりやすい、新病院にふさわしい多角化、高機能化を実現しています。

また当院は各学会の専門医教育関連病院、臨床研修施設などの認定を受けており、次世代を担う医療人の育成にも力を注いでいます。学会、研究会への積極的参加や専門資格の取得を奨励し、院内全ての職種における知識・技術の向上、ひいては病院機能の更なる発展をと努力しています。

このように行徳総合病院は常に進化し続け、患者さま、御家族、地域の医療機関の皆さま、そしてすべての人々にとって、真の“信頼され、満足される病院”とは何かを探求し続ける病院でありたいと思っております。

ただいまデータ読み込み中です。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ