行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 整形外科

整形外科

常勤医は4名。3名が日本整形外科学会専門医です。
関節、外傷、腫瘍、リウマチのいずれの分野にも造詣の深いスタッフがそろっています。

整形外科救急治療(複雑骨折、多発外傷、開放粉砕骨折)、加齢に伴う変性疾患(変形性関節症、骨粗鬆症)、関節リウマチ、スポーツ障害など、幅広い領域をカバーし診療にあたっています。

(左)山本医師、(右)朝田医師

行徳は、古い町と新しい町が隣り合わせになっており、高齢者の方も勤労世帯もお子さまも多く暮らしていらっしゃいます。私たちスタッフは、すべての年齢層の患者さまに対し、身近な頼れるドクターとして頑張っています。
また、近隣の多くの医療機関と連携しています。その他にもセカンドオピニオンとしてのご相談も承っております。

難治性の症状でお悩みの方、現在ほかの病院やクリニックで治療を受けていらっしゃる方でも、ご遠慮なくご相談ください。

朝田医師の外来診療は予約制です

整形外科 朝田尚宏医師の外来診療を受ける際には、事前にご予約が必要ですので、事前に電話にてお問い合わせください。

毎週金曜日の外来は、人工関節・リウマチ・脊椎疾患の専門外来を行っております。
診察の時間は10分~15分を目安としておりますが、神経診断学、関節リウマチの触診・血液データの解析にはお時間がかかるため、診察時間が長くなることがございますので、ご了承をお願いいたします。

[電話番号]ご予約受付 047-395-1151

朝日新聞出版「首腰ひざのいい病院 2016」

朝田医師のインタビューが掲載されました。
「整形外科の総合的診療」という新しい医療理念のパイオニアとして躍動

大日本住友製薬「腰痛治療のポイント」

朝田医師のインタビューが掲載されました。
整形外科医は運動器のエキスパート どこに問題があるかを総合的に判断

整形外科が重視していること

患者さまにとってベストの治療法は何かを考え、病状を充分に説明し、納得していただき、信頼に基づいた治療を行っています。
手術では現在の最新の知識を取り入れ、手術のリハビリでは早期の機能回復を目指し「患者さま一人ひとりをしっかり診る」という信念で診療にあたっています。

また、各種学会・研究会にも積極的に発表・参加を行い研鑽に努めるととも、最新の知識を診療にも役立てています。

えっ!? 東京駅に行徳総合病院救急車現れる

2015年7月、当院の救急車が東京駅に出動しました。出動目的は、福井県から4時間を要して当院で治療を希望されている患者さま2名のお迎えでした。
スムーズな送迎を遂行するため、事前にJRの駅職員の方に相談し、公的の救急車しか駐車できない場所に特例として駐車の許可をいただくことができました。

当日は、ADLが自立していない患者さまがいらっしゃったため、駅のホームまで迎えにうかがい、当院まで搬送しました。

今後も行徳地域のみならず、各地方からも信頼され満足される病院を目指し、そして、当院にある資源、人材を有効に使ってまいります。

JR東京駅で待機中の当院救急車

感謝状と素敵なボールペンが届きました

2016年12月、当院の副院長・整形外科医の朝田が、福井県での外来出張への道中、新幹線の中で急病人に遭遇。車内での救護対応をしました。その適切な処置に対し、JR東海様より後日感謝状と、素敵なボールペンが送られてきました。
医療人としての心構えを今後も忘れず、地域はもちろん、社会への貢献を目指してまいります。

整形外科の診療内容

(左)山本医師、(右)朝田医師

整形外科では、おもに骨、関節、筋肉、腱、神経などの運動器に生じる外傷、疾病を対象としています。
例えば、転んでぶつけた、捻った、骨折したなどの外傷。スポーツをやり過ぎた後に足や膝が痛くなったなどオーバーユース(使いすぎ)によるもの。また、年齢とともに徐々に膝が痛くて階段がつらいといった機能障害、腰から脚まで痛くてしびれるなどの変性によるものなどを治療の対象としております。

寝たきりの原因 第3位は「骨折」

若い方は事故などの強い外力によって骨折しますが、高齢者の方は骨粗鬆症により骨が弱くなっているため、腰の高さからの転倒などちょっとしたことでも骨折をするケースが少なくありません。このような骨折を脆弱性骨折といい、脊椎圧迫骨折大腿骨頚部骨折橈骨遠位端骨折上腕骨頚部骨折の4つに分類されています。

こんな症状はありませんか?

次のような症状があり、「いままでできていたこと」ができなくったり、困ったことがございましたら、整形外科までご相談ください。

  • 関節が痛い
  • 手足がしびれる
  • 動きが悪い
  • 歩きにくい

脊椎外科

当院では脊椎疾患を専門とする治療センターを設置予定

日本脊椎脊髄病学会認定医が、患者さん一人一人に合ったオーダーメイドの治療を行っています。
手術治療は、顕微鏡下除圧術、経皮的後弯矯正術、経皮的内視鏡手術など身体に優しい低侵襲の治療も行っていますが、一方で、脊柱再建術や側弯矯正手術などの難易度の高い手術も行えることが強みです。

インストゥルメンテーション手術は、インストゥルメンテーション設置の精度を高めるためにナビゲーションシステムを使用してより安全に手術をできる環境が整っております。
また、感染リスクを最小限にするため、バイオクリーンルームも設置しています。

四肢外傷の治療(四肢外傷センター)

腕や脚の骨折・脱臼・捻挫などケガの治療

当院では四肢外傷の治療にあたるセンターを設置予定です。この治療センターの設置は整形外科と形成外科で構成され、それぞれの専門医が専門分野の視点で必要な治療を協力して行うことが可能になります。

整形外科の領域では、骨折時の手術までの一時的な処置として創外固定法も行っています。救急搬送については、速やかな入院と早期手術が円滑にできるような体制を整えており、手術後はHCU、ICUにて、1日全身管理を行っています。

関節外科

手足の関節の治療

腱板断裂に対する腱板縫合術、反復性脱臼に対する制動術など、関節鏡を用いた手術や症例に応じ切開する手術も行っています。

前十字靭帯再建術、半月板縫合・切除術、関節滑膜切除術など関節鏡視下に行います。また、変形性膝関節症に対し、人工膝関節置換術、高位脛骨骨切り術などを行っています。

人工関節・リウマチの治療

当院では人工関節・リウマチの治療にあたるセンターを設置し、日本リウマチ学会認定医が「変形性関節症」「関節リウマチ」を主とした関節の疾患に対し、専門的な治療を行っております。

「人工関節置換術」に関しては、専門的な立場から合併症の対策、手術、リハビリテ-ション、術後経過の診療など、より充実した治療を受けていただけます。また、「関節リウマチ」の疾患に関しては、生物学的製剤の治療や、外科的治療を行っております。

人工関節・リウマチセンター

「関節リウマチNAVI」にインタビューが掲載されました

「人工関節・リウマチセンターの開設で整形外科医療のニーズに応える」

IMSグループ広報誌の取材を受けました

リウマチ専門医に聞く!「リウマチ治療のこれから」

骨粗鬆症の治療とリハビリ指導

骨粗鬆症の薬物治療、腰椎椎間板ヘルニアなど脊椎疾患に対するブロック注射、足関節の関節鏡手術、アキレス腱縫合術なども行います。
また、局所麻酔の小手術は日帰り手術を行っています。ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防のためのリハビリテーション指導も行います。

スポーツ整形外科

スポーツによるけがや故障の治療

スポーツ認定医の朝田医師による外来診療を行ってます。
成長期から高齢者の方まで年代を問わず、スポーツ障害、骨折や捻挫などのケガ全般に対応しています。通院によるリハビリテーションも可能です。

リハビリテーション

術後のみならず、保存療法においてもリハビリは重要です。通院、入院ともに若く活気のあるリハビリスタッフが機能回復のお手伝いをします。
運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管障害リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準を満たしています。

主な診断や検査の方法

MRI

肩、膝、脊椎、筋肉内、皮下の病変には特に診断能力は高く、整形外科では活用されています。

CT

3D(3次元)CTにて、骨の形状や骨折部の立体画像を撮影し手術に役立てています。

DEXA(骨密度測定)

2種類のエネルギーのX線を測定部位に当てることにより、骨成分をほかの組織と区別して測定する方法です。測定する骨は、腰椎、大腿骨頸部などです。測定時間が短く、放射線の被ばく量も少ないという利点があり、骨量測定の標準方法として重視されています。

骨ドック(骨粗鬆症・骨の健康度検診)

主な対象疾患

背椎・背髄疾患

  • 頚椎症性脊髄症
  • 頸部脊柱管狭窄症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 頚椎ヘルニア
  • 腰椎ヘルニア
  • 変形性脊椎症
  • 脊髄腫瘍

股・膝関節疾患

  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • 関節リューマチ
  • 関節炎
  • 先天性股関節脱臼
  • 股関節・膝関節外傷
  • 骨壊死

手の疾患

  • ばね指
  • 関節リューマチ
  • 腱損傷
  • 末梢神経損傷
  • 手の外傷

骨・軟部腫瘍

  • 骨肉腫
  • 軟骨肉腫
  • 悪性線維性組織球腫
  • 脂肪肉腫
  • 脂肪腫
  • 血管腫
  • 神経鞘腫
  • 転移性骨腫瘍

骨折等外傷

  • 手術が必要な外傷

当院整形外科の特長的な治療技術

  • 最小侵襲での人工関節置換手術として、深屈曲が可能なMIS-TKAやMIS-THAによる手術症例を施行しています。
  • 症例に合わせた股関節アプローチ(PL、AL、DAA)を選択しています。
  • 侵襲の少ない関節鏡視下手術(主に膝)を施行しています。
  • 関節リウマチに対する生物学的製剤を含めた新しい治療を行っています。

診療実績

手術前の待機日数は〈1.4日〉で迅速に対応をしています。

手術件数

2015年4月14件
2015年5月25件
2015年6月36件
2015年7月25件
2015年8月30件
2015年9月41件
2015年10月29件
2015年11月31件
2015年12月35件
2016年1月35件
2016年2月34件
2016年3月45件
2016年4月40件
2016年5月44件
2016年6月38件
2016年7月39件
2016年8月60件
2016年9月45件
2016年10月45件
2016年11月52件
2016年12月45件
2017年1月49件
2017年2月45件
2017年3月55件

手術件数の内訳(2015年4月~2017年3月)

骨折観血的手術314件
関節内骨折観血的手術51件
創外固定手術併用23件
関節鏡視下関節内骨折観血的手術21件
人工骨頭挿入術62件
人工関節全置換術64件
膝33件、股20件、肩5件、大腿骨3件
上腕1件、指1件、肘1件
脊椎固定術(インプラント使用)55件
その他347件

千葉県外から手術来院件数

福井県9件

患者様よりたくさんの感謝のお手紙をいただきました。

患者さまが立ち向かうけがや病気に、真摯に取り組むことは当たり前です。加えて、感謝のお言葉やお手紙をいただけること、それは私たちの励みにもなります。益々の地域医療への貢献を志し精進をしてまいります。

患者さまからの感謝の声

外来担当医表

ただいまデータ読み込み中です。

休診・代診情報

ただいまデータ読み込み中です。

医師紹介

ただいまデータ読み込み中です。

整形外科の医師による公開講座

2016年1月「曲がるより怖い、遅れてくる下肢麻痺」~骨粗鬆症と遅発性脊髄麻痺にはどうするか?~

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年1月30日

株式会社ベネッセスタイルケアが主催されている「ベネッセの地域医療セミナー」に朝田医師が登壇いたしました。

ベネッセスタイルケア

セミナー開催に先駆けて、行徳地域で発行されている各紙でも紹介されました。
(左)地域新聞、(右)行徳新聞

ご参加者のアンケートで
94の方から高評価をいただきました。

※アンケートで「よかった」「とてもよかった」と回答された方。

2016年5月「曲がるより怖い、遅れてくる下肢麻痺」~骨粗鬆症と遅発性脊髄麻痺にはどうするか?~

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年5月29日

株式会社ベネッセスタイルケアが主催されている「ベネッセの地域医療セミナー」に朝田医師が登壇いたしました。

ベネッセスタイルケア

ご参加者のアンケートで
95の方から高評価をいただきました。

※アンケートで「よかった」「とてもよかった」と回答された方。

2016年10月「骨粗鬆症について」

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年10月1日

地域団体向け出張健康教室に朝田医師が登壇しました。

ご参加者のアンケートで
95の方から高評価をいただきました。

※アンケートで「よかった」「とてもよかった」と回答された方。

(第2部)腰部脊柱管狭窄症について知ろう!~身体症状の特徴について~ 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2017年4月22日

脊椎インプラント手術を用いた当院で実施している治療法 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2017年3月11日

参加者の方から「とてもわかりやすかった」という声をいただき、これまでの手術実績の紹介については説得力があり「このような先生が身近にいるというだけで安心して生活できる」という感想もいただきました。質疑応答では質問が後を絶ちませんでしたが、最後に「私は朝田先生に治していただき、こんなに歩けるようになりました!今日はお礼を言いに来ました!」という元気な男性の声に、自然と拍手が起こり会場の空気を和ませる場面がありました。

ご参加者のアンケートで
100の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

関節リウマチの特徴と最近の治療方法 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年10月22日

ご参加者のアンケートで
87の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

「夏の特別公開講座」骨粗鬆症治療の取り組みから見えてくるもの ~治療に伴う注意点~ 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年8月21日

ご参加者のアンケートで
96の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

脊椎骨粗鬆症と神経麻痺 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2016年1月23日

ご参加者のアンケートで
97の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

脊椎・脊髄・神経障害で悩まれているあなたに 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年9月26日

ご参加者のアンケートで
100の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

ここまで治せる脊椎疾患 ここまで良くなる関節疾患 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年8月23日

ご参加者のアンケートで
93の方から高評価をいただきました。

※5段階評価アンケートで評点4以上の回答。

ここまで治せる脊椎疾患 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年5月30日

会場は満員となり、脊椎管狭窄症、骨粗鬆症の投薬治療や手術に関する講演でした。質疑応答のコーナーでは、参加された方のご家族の手術に関して、朝田医師が見解を述べるなど、地域の方々と医師が交流の持てる講演会となりました。

骨粗鬆症の最新治療事情 ― 寝たきりを防止するために 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年4月19日

関節が腫れて関節リウマチが心配なあなたに 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年4月12日

股関節の痛みと膝関節の痛みに対する保存的治療と根治的治療の取り組みに関する話題を講演。筋肉を温存した最少侵襲人工関節手術についてもご紹介しました。

股関節の痛みと膝関節の痛みに対する保存的治療と根治的治療の取り組み 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年4月4日

股関節の痛みと膝関節の痛みに対する保存的治療と根治的治療の取り組みに関する話題を講演。筋肉を温存した最少侵襲人工関節手術についてもご紹介しました。

痛みから考える運動器関連の病気 ― こんなときは整形外科受診へ(頚・胸腰椎・脊椎篇) 知って得する健康教室

講師

整形外科

医師 朝田 尚宏

開催日
2015年2月21日

その他の健康教室(開催予定と過去開催の動画)

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ