行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 乳腺専門外来

乳腺専門外来〈乳房再建術〉 当院は乳房再建の認定施設です

乳がんの治療によって失ってしまった乳房を、再びとり戻すための手術が乳房再建術です。

『乳がんを治療するための手術なのだから、乳房を失うことは避けられない』
『乳がんになってしまったら、乳房はあきらめなくてはならない』
ということではありません。

乳房再建は、がん治療の延長線上にあると私たちは考えています。

当院では、乳がんの治療とQOL(生活の質)向上を目的とした乳房再建を適切な状態で並行していくために、乳腺外科専門医と形成外科専門医を中心としたチーム医療を行っております。

乳がん治療と乳房再建の専門家がチームとなることで、検診から手術、乳房再建まで一貫した治療が可能になりました。

乳房再建術は、乳腺外科医による乳がん手術の後で、形成外科医によって行われます。
手術を行うタイミングや術式によって以下のように分類されます。

タイミングによって

一次再建乳がん手術と同時に行う
二次再建乳がん手術後に一定期間おいて行う

術式によって

インプラントによる再建 ティシュー・エキスパンダー(皮膚拡張器)とブレスト・インプラント(シリコン製人工乳房)を使う方法
自家組織による再建 自分自身のお腹や背中の組織(自家組織)を使う方法

美容整形の豊胸手術と異なり、健康保険が適用されます。

保険適用のティシュー・エキスパンダーとインプラントを使った乳房再建術は日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の認定を受けた施設でのみ受けられます。

インプラントによる再建術

インプラントによる再建は、乳がん手術を行うのと同時にティッシュ・エキスパンダー(皮膚拡張器)を挿入する手順が一般的です。

自家組織による再建術

お腹の組織を移植する方法には、腹直筋皮弁法と穿通枝皮弁法の2つがあります。

背中の組織を移植する方法には、広背筋皮弁法があります。

乳頭・乳輪の再建も可能です

乳がん手術で乳頭・乳輪を切除した場合、乳房再建の手術から6か月程度の期間が経てば、乳頭・乳輪の再建を行うことができます。

乳頭・乳輪の再建には以下のようなものがあります。

  • 反対側の乳頭を移植する方法
  • 皮膚を切り、皮弁により形成する方法
  • 色の濃い皮膚を移植する方法
  • 刺青(タトゥー)で着色する方法(健康保険の適用外になります)

ひとりひとりが、個人の価値観やライフスタイルに合わせた適切な治療方法を選択できるように、専門スタッフが対応しています。

乳房再建について、聞きたいこと、わからないことなどがございましたら、お気軽にスタッフまでお声かけください。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ