行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 救急総合診療科

救急総合診療科

救急総合診療科は、地域に密着した救急医療を推進するために、2014年3月1日に新設された診療科です。
主に救急外来(以下、ER)の診療業務を担当しています。救急外来では、救急車で来院した患者さま、自力で来院したが徐々に状態が悪化して緊急の対応を必要とする患者さまに対して、迅速に初期診療を行っています。

夜間・休日の時間外診療のご利用

救急総合診療科の特長

平日昼間における救急隊からの搬送依頼の連絡は、すべて救急総合診療科が対応することで、「救急隊からの搬送依頼は断らない」を救急総合診療科だけにとどまらず、病院全体の目標としています。

救急科が対象とする病気やけが

  • 外傷全般
  • 内科的疾患全般
  • 外科的疾患全般
  • その他救急医療全般

救急総合診療科が重視していること

ERでは、迅速に血圧、心拍数、呼吸数、体温、意識状態などバイタルサインを確認しながら、全身の身体診察を行います。その上で、可能性のある疾患やけがについて、それらの有無を確認するために、血液検査、心電図検査、血液ガス分析、超音波検査、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などを実施して、総合的に診断します。
診断後は、初期治療を開始しながら、必要に応じて各専門診療科への引継ぎを円滑に行うことで、治療の充実を目指しています。

当院では、地域の救急基幹病院としての責務を全うするため、救急センターを備えています。

当センターでは

  1. 救急車で搬送される患者さま
  2. 地域医療機関、福祉施設、教育機関などからの救急対応要請
  3. 外来患者さまで緊急に治療を要する方
  4. 時間外(夜間・休日)に来院される患者さま を24時間体制で診療をしています。

平日昼間における救急センター(ER:救急総合診療科)での初期診療は、ER専従医が担当し、初療の後、さらに専門的な治療が必要な場合は各診療科がシームレス(継ぎ目なく)に治療を引き継ぎ高度な治療を提供します。

時間外(夜間・休日)は各診療科医師によって構成される時間外対応チーム―内科、外科のほか、整形外科、脳外科、小児科、婦人科―の各医師が診療にあたります。

昨今のより複雑で高度な救急需要に対応するため、一刻を争う脳卒中に対しては脳卒中センターと連携した超急性期脳卒中救急診療を構築しているほか、外科系緊急手術が必要な場合に備えて、麻酔科、手術室が常にバックアップ体制をとっています。
またCT、MRI、アンギオ装置など最新の医療機器を奉じた放射線科、迅速な診断を旨とする検査科や患者さまの様々なご相談や他施設との医療連携を担当する事務部門などのコメディカル部門も強力なサポート体制をひき、全病院部門をあげて当院の救急医療を支えています。

こうして当院は24時間365日途切れることなく、地域の“信頼され満足される救急医療”を守り続けていきます。

医師紹介

ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。
ただいまデータ読み込み中です。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ