行徳総合病院 トップページ 病院案内 医療設備

医療設備

精密検査時の身体の負担を少なくするため
 検査を速やかに行うために最新式の機器を導入しています。

各種検査は患者さまの状態により異なりますので、詳しくは担当医師やスタッフにお問い合わせください。

マンモグラフィ撮影装置

当院では乳がんの早期発見、早期診断、早期治療のために、日本放射線技術学会が定める性能基準(厚労省推奨)を満たしたマンモグラフィ装置を使用しています。
検査時間は入室から退出まで約15分です。

CTスキャン検査

CTスキャンはX線を使って身体の断面を撮影する検査です。体内のさまざまな病巣を発見することができます。

当院ではマルチスライスCTを採用しています。一度のスキャンで複数枚の画像情報が得られ、撮影時間の短縮、立体的な3D画像、被ばくを抑えた撮影が可能になりました。

CTスキャンはX線を使用するために、現在妊娠中または妊娠の可能性がある方は医師、看護師、担当技師にお知らせください。

検査を受ける方はこちらを必ずお読みください。

当院には「放射線被ばく相談員」が在籍しております

当院では、公益社団法人 日本診療放射線技師会の認定資格「放射線被ばく相談員」を取得した放射線技師がおり、検査や治療に関するご不安をはじめ、放射線による環境汚染などに関するご相談に幅広く応じております。

MRI検査

MRIとは磁気と電波を利用してあらゆる断面像を得ることができる撮影方法です。放射線を利用していませんので被ばくはありません。
撮影中は狭いトンネルの中に入り工事現場のような音が出ますが、当院の装置は比較的静かです。
検査時間は20分から50分と少し長めです。

MRI室は強力な磁場が発生しているために以下の方は原則MRI検査を受けられません

  • 心臓ペースメーカー、除細動器、人工内耳装着者
  • 1970年以前の人工弁、現在妊娠中または妊娠の可能性がある方(胎児への安全性が確立されていないため)

ご不明ご不安な事がございましたらスタッフにお問い合わせください。

検査を受ける方はこちらを必ずお読みください。

DR検査

当院では最新のフラットパネル式X線TV装置を導入しました。
バリウムを使った胃や大腸の検査、嚥下造影、関節腔造影など多目的に使用しています。

ホームページ関する皆さまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

役に立った

役に立たなかった

このページは見つけやすかったですか?

ご回答いただきまして、ありがとうございました。

見つけやすかった

見つけにくかった

このページの先頭へ