「+」マークをタッチするとメニューが開きます
行徳総合病院 トップページ 診療科・専門外来 ペインクリニック外来

ペインクリニック外来

麻酔科医の神経ブロック技術を用いて、様々な痛みの治療を行います。
注射は基本的に超音波エコーガイドで行い、効果を高め、合併症のリスクを軽減します。

腰下肢痛

腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・脊椎術後の腰痛など

施行ブロック

腰部硬膜外ブロック・腰部神経根ブロック・仙骨部硬膜外ブロック・トリガーポイント注射・SCS(脊髄刺激療法)

まずは外来で行えるブロックで様子を見て、必要に応じてレントゲン透視下ブロックやSCSを提案します。

腰部硬膜外ブロック

腰椎の隙間から、注射します。
局所麻酔薬5ml
施行時間は5分程度で、施行後45分安静にします。

神経根ブロック

X線透視化で行います。
局所麻酔薬+ステロイド
より選択的な効果が期待できます。

頸肩痛

五十肩、頚椎症、頚部椎間板ヘルニアなど

施行ブロック

肩甲上神経ブロック・星状神経節ブロック・トリガーポイント注射・頚部神経根ブロック

肩甲上神経ブロック

エコーガイドで肩の後ろから穿刺します。
局所麻酔薬(+ステロイド)
帰りの車の運転は控えてください。

トリガーポイント注射

患者さんと圧痛点を確認しながら穿刺します。
場合により、エコーガイドで行います。
安静時間はありません。

頭痛

片頭痛・緊張性頭痛・及び混合型

施行ブロック

星状神経節ブロック・後頭神経ブロック・エムガルティ皮下注

星状神経節ブロック

エコーガイドで、C6横突起付近の交感神経節をブロックします。
施行後は30分安静にします。
まぶたが垂れ下がる・目の充血・鼻がつまるなど一時的な症状が出ますが、ブロックの効果によるもので問題ありません。

後頭神経ブロック

エコーガイドで後頭部に注射します。
局所麻酔薬+ステロイド
施行後30分安静にします。

新薬エムガルティ

  • 片頭痛に対する新薬エムガルティ皮下注を行います。
  • CGRPの働きを抑え、片頭痛の発生をおさえると考えられています。
  • 片頭痛の日数が減る。急性期治療薬を使う日数が減るという効果が期待できます。

薬価が高い製剤になります。
初回保険3割負担の場合 27,099円
2回目以降保険3割負担の場合 13,550円
の費用がかかります。

帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)

皮膚分節に沿った神経炎で、潜伏していたヘルペスウイルスによるものです。
急性期の痛みは強く、神経ブロックを行うことで、脱神経を抑え帯状疱疹後神経痛(PHN)への移行を防止する。
完成されたPHNにはSCS(脊髄刺激療法)も選択肢に入ります。

施行ブロック

星状神経節ブロック・硬膜外ブロック・神経根ブロック・SCS(脊髄刺激療法)

眼瞼痙攣・腋窩多汗症

ボトックス注射にて、4~9か月効果が持続します。
一度診察させて頂き、ボトックスを発注し、納品後注射にて投与します。

注射部位

腋窩イメージ図
腋窩写真

脊髄刺激療法(SCS)

慢性難治性疼痛の治療として、脊髄刺激療法があります。
脊髄神経近くの硬膜外腔に刺激電極を留置し、断続的な電気刺激を与える物です。
入院が必要な治療であり、神経節ブロックよりは大がかりですが、外科手術よりは手軽です。

  • 低侵襲:背部に3㎝程度の切開で済みます。
  • トライアル:お試しが可能です。効果が無ければ抜去して元の状態に戻ります。
  • 痛みを50%程度軽減する事を目的とします。完全に無痛にはなりません。患者さんの生活の質(QOL)を改善します。

慢性疼痛治療のひとつである脊髄刺激療法は、脊髄に微弱な電気を流すことにより、慢性の痛みを和らげる治療法であり、国内外で豊富な実績があります。1982年に国内で承認を受け、1992年より保険適用を受けています。

患者用コントローラ

患者用コントローラ

植込み機器

植込み機器

適応1

脊髄刺激療法は、腰椎術後の下肢痛や虚血性疼痛などの神経障害性疼痛に効果が高く、リウマチやがん性疼痛などの侵害受容性疼痛や心因性疼痛には効果があまり期待できないと報告されています。

Good Indication

  • 頸椎/腰椎術後における上下肢の神経障害性疼痛
  • 複合性局所疼痛症候群(CRPS)
  • 末梢神経障害性疼痛
  • 末梢血管障害による疼痛
  • 難治性の狭心症
  • 外傷/放射線照射後の腕神経叢損傷

Intermediate Indication

  • 断端術後疼痛(断端痛>幻肢痛)
  • 脊椎術後の体幹部痛
  • 開胸術後/帯状疱疹後による肋間神経痛
  • 脊髓損傷後疼痛

まずトライアル(お試し)として、背部より刺激電極を留置します。
約1週間、入院しながらご自身で刺激方法を体感して頂きます。
効果があると納得された場合には、本植え込みを行い退院となります。

外来担当医表

午前
午後
浮田 慎
ペインクリニック外来
16日から

医師紹介

麻酔科

浮田 慎(うきた まこと)

paperChartについて

専門分野 麻酔科
略歴 平成16年 昭和大学卒業
平成16年 昭和大学横浜市北部病院
平成18年 神奈川県警友会 けいゆう病院
平成20年 公立学校共済組合 関東中央病院
平成22年 明理会中央総合病院
平成23年 社会医療法人社団木下会 千葉西総合病院
平成28年 同麻酔科部長
資格
  • 日本心臓血管麻酔学会心臓血管麻酔専門医
  • 日本麻酔科学会専門医・指導医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
  • 米国経食道心エコー認定医(Diplomate-Advanced PTEeXAM®)
  • 日本麻酔科学会麻酔科標榜医
  • ボトックス講習・実技セミナー(眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・重度の原発性腋窩多汗症)
所属学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本心臓血管麻酔学会
  • 日本ペインクリニック学会
  • 日本頭痛学会
このページの先頭へ